性癖フェチの自分で知る方法。性癖を最大に楽しみましょう。

風俗で性癖を解放してみませんか?

性癖、いわゆる「フェチ」とは、もっとも多感な幼年期に、神様から授かった十字架のようなものです。それだからこそ、一般社会で生きている私たちにとっては、とてもやっかいなものなのです。
女のコのスカートからチラチラ覗くパンティを、写真に収めずにはいられない盗撮癖をもつ者、また見知らぬ女性に下半身を露出するのが最高に興奮するという露出癖をもった者などがいますが、社会のルールの上で共同生活をしている限り、他人に不快感を与えたり、他人を傷つけることは絶対にしてはいけません。
人には理性があり、大人になれば、やってはいけないことと、いいことの判断はつくはずですが、他人に理解されないフェチだからこそ、解放した時の興奮は最高潮に達するのです。義務的な家庭的セックスの何十倍、いや何百倍と気持ちいいのです。
それを解放する場所こそ、風俗なのではないでしょうか。

自分自身の性癖を楽しめれば人生が楽しくなります。
最近の風俗は、客の性癖に寛大です。お店もお客様の性癖に合わせて細分化が進んでいます。風俗嬢も男たちの性癖をとてもよく理解しています。
風俗に遊びに来るお客さんでもっとも多いのは、既婚者で月に1回定期的に遊びにくるお客さんというデータもあります。妻の目を盗んで、お小遣いを貯めて月に1回だけ遊びにくるというわけです。
彼女や奥さんにも見せられない変態行為を解放した時の男性客の満足な表情は天使のようにかわいいとも言われています。その時のはじけぶりは、男性なら誰でも理解できると思います。
風俗嬢から聞いた変わったフェチを持ったお客さんや風俗口コミサイトへの投稿記事などから見つけたちょっと変わった性癖を中心に紹介していきます。
あなたはどんな性癖を持っていますか。性癖は人に言うのは恥ずかしいですが、誰もが持っているものなので安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)